銀行系ローン契約

ここでは、ローンを組むことの法的な意味について説明します。




Money / Images_of_Money


日常においてローンを組むという場合、銀行等の金融機関から私たちがお金を借りることをいいます。

ここでは、ローンを組むことの法的な意味について説明します。



ローンを組むというのは、お金の貸し手とお金の借り手が、具体的な金額とそれを返済する旨及び返済期日を定めて契約を結ぶことをいいます。

例えば、自動車を買う際に自動車ローンを組む場合を考えてみます。

200万円の車を購入する際、毎月25日に月々5万円ずつ支払う内容の契約をしたとします。

これは結局、車を購入する代金である200万円を借りて自動車の購入代金を支払い、そこで支払った200万円を何回かに分けて返済していくということです。

このように、金銭等を後に返すことを約束して借りることを消費貸借といいます。

特にお金の場合には、金銭消費貸借契約といいます。

つまり、ローン契約は金銭消費貸借契約であるといえます。



一般的にいって、何百万や何千万といったお金を一度に支払うことはできません。

そのため、常に一度に全額の支払いを要求すると、高価な物を買うことはできなくなります。

それは、売る側としても得なことではありません。

そこで、一度に支払う金額は少額にして、それを何度か繰り返すことで大きな金額の支払いを可能とする制度が作られました。

それがローンです。

このように考えると、ローン契約はとても有用なものといえます。

しかしながら、今持っているお金以上の物を手に入れることができる分、将来的に支払うことができなくなることもありえます。

ローン契約を結ぶ際には、支払い能力についても注意する必要があります。



年収の減少などで支払い能力が少なくなり、返済が難しい場合は、借り換えを検討してみましょう

金利の引き下げや、返済期間の延長で元金返済額の引き下げで毎月の返済額を減らすことができるかもしれません。

前の記事